ロールスクリーンというのは、スクリーンを本体に内蔵したスプリングで巻取る事で昇降させるというモノです。そのため利点としてはカーテンとは違い、左右にたまりが出来たりしないので、ぱっと見が非常にすっきりしてシンプルな印象を与える事が出来ます。そんなロールスクリーンの基本的な活用法としては、就寝時に外部の光により睡眠を妨げるのを防ぐのと同時に、中の光を外に漏れるのを防ぎます。モノによりますが、多くのモノが遮光効果を謳っているのでその点は遮光のカーテンと同じく安心です。更に外から覗かれるのを防ぐという効果と共に、室内の保温効果もあります。そのためカーテンの代わりに窓に取り付けるという家庭が増えており、需要と共に様々なデザインのモノが発売されています。お陰で単色でシンプルなモノから、色鮮やかなデザイン性に拘ったモノまで選択肢は色々と存在しています。しかも前記した通り、部屋のインテリアとしても、すっきりした印象を与えるため多くの家庭で愛用されるようになっています。そんなロールスクリーンの活用法ですが、カーテンの代わりに窓に取り付けるという方法以外にも様々な活用法が存在しています。まずはカウンターキッチンの目隠しとしての、利用という方法です。カウンターキッチンというのは、平常時、家族と会話を楽しみながら食事の用意が出来るので、何かと重宝するものです。ですが来客時には、モノが多く置かれているキッチンが丸見えになってしまうのでその部分はちょっと避けたい所です。そんな時に、ロールスクリーンを取り付ければさっとキッチンを目隠しする事が出来ます。そして平常時はロールを上げて家族との会話を楽しみながら、料理を作ればいいのです。同様に洗濯機の置場というのは、洗剤や脱衣カゴを置いているため、雑然となり易い場所です。ですが、ロールスクリーンを取り付ければ来客時に、そういった場所も手早く目隠しする事が可能です。次に広い部屋の仕切りとして、ロールスクリーンを活用するという方法です。例えばリビングとダイニングが仕切りもなく、続いている家は多いです。ですが食事中に急な来客があった場合、食事の場に来てしまったとお客にも気を使わせるものです。そういった場合も、ロールスクリーンを下げて仕切れば互いに変な気を使わなくて済んだりします。更に兄弟同士で一部屋を使っている場合も、簡単な仕切りとして役立ちます。このように考えれば考えただけ、その活用法は色々と存在しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*